阿瓦尔古丽的相册-京焼・清水焼の製造過程附端午の節句



やきもの作りは土もみから始まります。...

ヘラ・ダンゴコテと呼ばれる木製の道...

水引きした器は、数日間陰干ししてから...

その後、白い土を水で溶いたもの(化粧泥...

完全に乾燥させてから700℃~800℃で焼...

焼きあがった素地に骨(こつ)書きとよば...

下絵付けを終えたら釉薬を掛けます。

1230℃以上の高温で焼きます。現在陶葊...

さらに焼きあがった素地に金彩・銀彩...

最後にもう一度窯で焼成し完成です。

以下为【端午の節句】清水烧 / 【抹...

【抹茶碗】 清水焼 渓峰窯 「あやめ」

【抹茶碗】 清水焼 香菊窯 「金太郎」

【抹茶碗】 清水焼 香菊窯 「流水あ...

【抹茶碗】 清水焼 香菊窯 「清風」

【抹茶碗】 清水焼 香菊窯 「色絵か...

【箸置き】 清水焼 安徳窯 「金太郎...

~玉湯呑ができるまで // 陶葊の定番商品である「玉湯呑(たまゆのみ)」を画像とテキストで行程ごとに説明しています。京焼・清水焼がひとつひとつ大切に、手間ひまをかけて製造している様子をご覧いただければと思います。

<前页 1 2 后页>